性感染症とはどんなものか|エイズや尿路感染症などの対策と治療

包茎になると性感染症にもかかりやすくなります。性感染症対策の病院紹介。

包茎治療手術、ED(勃起不全)、機能性障害の精力回復、改善のための専門医院、クリニック情報サイト
男性専門クリニック情報サイト/包茎(仮性包茎、真性包茎、カントン包茎)/ED(勃起不全・勃起障害)/精力回復、早漏、短小の改善など。

 

男性の悩み-包茎治療とEDのトップ|STD性感染症について

性感染症とは何なの?

性行為で感染するいろいろな病気をSTD(性感染症)といいます。

一度は聞いたことのある病名もあると思います。

感染する大半は性行為や口などの唾液から感染します。

そして包茎の患者の場合、性感染症にかかりやすくなったり、広めてしまう可能性もあります。

どんな性感染症があるのか見てみましょう。

最近の病院や包茎治療クリニックでは積極的に診察を取り入れています。

男性は泌尿器科や専門クリニック、女性は産婦人科などで治療ができます。

性行為や接触により細菌やウイルスなどが感染し、さまざまな病気を引き起こします。

性器や肛門、口などから感染します。数十種類ある検査の一部、紹介します。

HIV感染症/エイズ

HIV(エイズウイルス)に感染して免疫力が低下して発症する病気

(エイズ=後天性免疫不全症候群)です。

主に血液や精液で感染するといわれています。

膣トリコモナス

トリコモナスという原虫が寄生することで炎症を起こします。

女性だけでなく男性の尿道にも入り込みます。男女、同時治療することが望ましいです。

淋菌感染症

性行為から感染します。口からの感染もあります。

男性の場合は無精子になったり、女性は不妊症などになる恐れがあります。

男性は膿がでたり症状が出ますが、女性は無症状のことが多く注意が必要です。

B型肝炎

性行為感染、血液感染、母子感染などでかかります。

性器カンジダ症

ガンジタ菌による発症。性感染もありますが、もともと人が持っていることが多い菌です。

男性には自覚症状が出ることが少ないですが女性は膣内感染することが多く、

外陰部や膣内のかゆみ、おりものの異常があげられます。




包茎に対する悩みや不安、手術の必要性など事前に確認できれば安心です。


症状や凡例に基づき、手術方法や費用を説明していただけるか判断しましょう。


術後はどうしても不安な気持ちです。サポート体制も確認しましょう。


ホームページなどに具体的な診療内容、実績など経験豊富なスタッフが揃っているか確認しましょう。
24時間メールサポートなども安心ですね。ホームページなどがない場合は、電話や一度お伺いをたてましょう。実際に病院にいくこともおすすめします。

安心の包茎手術専門クリニック-上野クリニック

猫ひろしおすすめ包茎クリニック-山の手形成クリニック
 

 


 

相互リンク登録募集 |相互リンク1|当サイトについて|サイトマップ|

みんなでつなごう相互リンクの輪 みんなの検索サイト! サーチエンジン検索登録MaruruSearch 検索エンジン Mono Search

当サイト内の内容・無断転載については固くお断りします

Copyright 2008 包茎の悩みとED対策 All rights reserved. 包茎手術お悩みドットコム

婦人病、女性特有の病気情報、予防と対策|美容用品と健康サプリメント

大型プランター・鉢カバー テラコッタ鉢 鉢カバー インテリア植木鉢 アイアン棚シェルフ インテリア天使置物 石造プランター花鉢
輸入プランター通販 噴水 ガーデンファニチャー パラソル 白家具 西洋甲冑 ガーデンオーナメント 石像 花台フラワースタンド